スプーン

スポンサーリンク

こんにちは。キャサリンです。

今日もキャサ男との楽しい食卓をお届けします。

今回はスプーン編。
当然、キャサ男は自力でスプーンで
すくって食べることはできません。

ご飯をすくってから
スプーンを渡すのですが、
スプーンを受け取らなかったり、
途中でご飯を落としたりで
精度はとても低い。笑

それでも、
スプーンで食べるものは
手づかみで食べにくいせいか
フォークよりは手に持ってくれます。

ここまでは、
フォークより順調に見えるのですが
実はもっと別の悩みがあるのです。

スプーン

スプーン2

スプーン3

スプーン4

何故スプーンを投げる??

厚切りジェイソン並みに叫んでしまう。

WHY?

何か気に食わないことがあるのか?
母をからかって遊んでいるだけなのか?
手づかみで食べるための知恵なのか?

今やスプーンを投げる前に
なんとか回収することに
意識が向いてしまってる私。

そして戦いに敗れた母は
キャサ男がスプーンをポイする前提で
スプーンを5本使って食べさせてます。
5本まとめて回収。

うーん、何かがおかしい・・・。

1人で食べてくれるまでの道のりは
まだまだ遠そうです・・・。



育児マンガ「それでも育児はおもしろい」の更新情報はこちら!
COZREマガジンでの掲載も更新しています。


スポンサーリンク