スポンサーリンク

こんにちは。キャサリンです。
前回の続きのお話です。

1歳4ヶ月のキャサ男。
足ツボされて叫ぶ母を
泣きながら助けにきてくれました。

ああ、なんて可愛いの!!
キャサ男、ママも愛してるわっっ

という感じで
キャサ男に愛されてると感じた
感動エピソードから、もう1年。

こんな風にキャサ男が泣いたので
母は足ツボを控えていたのですが
今やキャサ男は2歳半。

もうそろそろ
泣かないでいてくれるのでは?と
再度、母は足ツボにチャレンジすることにしました。

キャサ男、すっかり成長してました。

もう、母が叫ぼうが泣こうが
心配するそぶりなし!!

痛がる母を見て笑ってるし。

母の鑑賞に飽きると
足ツボ先生のお弟子さんの
純子さんに遊んでもらってご満悦。

もう、こっちを見もしねぇ。

・・・
・・・
・・・
何だろう。

これでキャサ男を心配することなく
足ツボができると解ったのに
なんかモヤモヤする。笑

このキャサ男のリアクションに
めちゃめちゃがっかりしている私がいるんですよ。笑

キャサ男に対して、
泣かないで欲しいとか言いながら
実は、助けに来てくれることを
期待していたみたいなんです。わたし。

ああ、こんな風に
あっという間に成長するなら
もっと足ツボに行って
母を助けにくる胸キュンな姿を
もっと見ておけばよかった・・・


ほんと、親って、勝手ですよね。

成長して欲しいけど、
成長しちゃうと寂しいだなんて。

とりあえず、
もっと遠慮なしで
キャサ男の今を楽しんでやろうと
思った母なのでした。

ちなみに、今回の足ツボで
15kg超えのキャサ男の抱っこによる
腰痛がよくなりました。

また、足ツボ行こうっと!!



育児マンガ「それでも育児はおもしろい」の更新情報はこちら!
COZREマガジンでの掲載も更新しています。


スポンサーリンク