スポンサーリンク

こんにちは。キャサリンです。

キャサ男はおにぎりが大好き。
母がずぼらなせいもあり、
大人と同じ大きさのおにぎりを
かぶりついて食べています。

そもそも、子供用に小さく作るって
発想がなかった私。
友人にツッコまれて初めて気づきました。

キャサ男はすでに
大きいおにぎりに慣れてしまい、

小さいサイズを作っても
私用の大きいサイズの方を
食べようとしてます。
流石の食い意地。

ただ、大きなおにぎりには問題が・・・。
おにぎりがドンドン崩れていって
ご飯粒があちこちについてしまうのです。

そんなある日・・・

落としたものは母の口に入れる
と学習したみたいです。笑

ご飯粒を片付けようとしたキャサ男を
褒めてあげたり、
本当は自分で食べるんだよと
教えたりしなきゃだったのに
とっさに反応できませんでした。笑

親の何気ない行動から
学んでいるんですね〜

次回、同じことがあったら
「自分で食べてね」と言うつもりで
毎日、その瞬間が来るか来るかと構えてます。



育児マンガ「それでも育児はおもしろい」の更新情報はこちら!
COZREマガジンでの掲載も更新しています。




スポンサーリンク